2015/3/8「円環の理7」交通メモ(ぷらっとこだま)

今回はJR東海ツアーズのぷらっとこだまというサービスを使って上京しました。
新幹線代がちょっとだけ安くなりますが、いろいろ制約もあったりします。
往復でみれば多少はお金浮くので、乗車時間はいつもよりかかりますが
試しに…ってのもあって使ってみました。

とりあえずこだまの名古屋~東京間の乗車時間に関しては、
行きも帰りも車内ではほとんど寝ていたので長さはあんまし感じませんでした…(^_^;

では、ぷらっとこだまで生じた失敗談をメモっておきます。
まずはぷらっとこだまでの決まり事。

・決められたこだまの決められた席でしか使えないよ!
 決められた号車に乗り遅れたらアウトだよ!他の号車の自由席も使っちゃダメだよ!
・新幹線から他のJR路線への乗り換え改札は使えないよ!
 他の路線に乗り継ぐ場合はいったん新幹線の改札を出てから新たに切符買わないとダメだよ!
・JR東海ツアーズのサービスだからJR東海が管理している改札口しか通れないよ!
 ドリンクサービス券も付くけどこれもJR東海管轄内のキオスクとかじゃないと交換できないよ!

行きはぷらっとで利用できるこだまで名古屋から一番早く出る号車(7時半くらい発の)を選び品川へ。
品川から京急線に乗り換えて京急蒲田駅を目指すことになりますが、
自分すごい勘違いしてまして、京急線ってJRのひとつだと思ってました…(;´∀`)

後から調べたらJRとはまったく関係ない独自路線だったんですねw
なので品川で新幹線降りた後JR乗り換え改札から出ようとしてピンポーン!っとひっかかりました。
ひっかかった瞬間「あ、そういえば乗り換え改札はあかんかったっけ?」と…w

駅員に聞くと京急乗るならまず左の新幹線改札出口から出て右へ!言われ、でも途中で迷ってしまい…(;´∀`)
品川駅の建物出てやっとそこに京急の切符売り場が…!
これはもっと事前に構内地図調べて置くべきでした。駅構内の案内みりゃすぐわかるっしょ!と
高をくくってました。まぁ自分がマヌケなだけですがヾ(_ _。)ハンセイ…
とりあえずこれで品川駅新幹線改札出る→右へ構内ずっと歩く→階段降りて外へ→左に京急切符売り場→1番ホーム
とルートは覚えたので次回はスムーズに移動できそうです(^_^;
あと京急蒲田駅は快特でも止まるとw

あと帰りに東京駅でちょっとしたトラブルが…(;´∀`)
今まででしたら、秋葉原駅で名古屋までの新幹線の切符買えば、
秋葉原→東京→名古屋は新幹線の切符のみで改札を通れます。
しかし事前に調べたらこのぷらっとこだまは新幹線の駅である東京駅からしか利用出来ないとのことで、
いったん秋葉原~東京のJR切符買って東京駅改札を出て、改めてぷらっとの切符で新幹線用改札口から入る、
こういうルートを通らないといけない…みたいでした。

なので東京駅着いた自分はいったん丸の内南口から出たんですよね。
そしてぷらっとの切符で再び入ろうとしたら…ピンポーン!改札にフタされました(;´∀`)
改札口の駅員に聞いたら、これは八重洲側の改札でしか使えないよ!と…
実はこの時点で乗車まで残り10分w
とても八重洲側まで行ってる時間ないだろうと、今回は特例で通してもらいました。切符にハンコ押されてw
どうやら東京駅の中でもJR東海が管理している改札口というのは、八重洲北口・八重洲中央口・日本橋口
だけらしかったと。そこを通るべきだったんですねーヾ(_ _。)ハンセイ…

東京駅を攻略せよ!構内図なしには歩けない、迷宮「東京駅」を大解剖! の画像

ただ、あとから更に調べた限りでは、秋葉原から東京駅までのJR切符は、
JR東海の新幹線乗換口でぷらっとの切符といっしょに入れればそのまま乗り換え出来たようで…
この辺は次の機会があったら試してみたいと思います(^_^;

あとぷらっとのもう一点いいところ。ドリンクのクーポン券が1枚付きますw
なので自分は行きと帰りでそれぞれ緑茶とコーヒーを頂きましたw
これも当然JR東海管轄内のキオスクでしか使えません。
先ほどの丸の内南口すぐそばにあったキオスクで使おうとしたら断られて、
結局東海道新幹線ホームのキオスクで交換してもらいましたw

今回は初回ということ、事前の下調べ不足ということでアワアワした上京になりましたが
次回以降はスムーズに行ければなとこの記事に残しておきます(^_^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする